見た目の印象をガラリと変えたいなら|ほくろ除去施術を受けよう

  1. ホーム
  2. ほくろを除去する前に

ほくろを除去する前に

女性

知っておくと良いこと

皆それぞれコンプレックスと戦いながら生活しています。もし、そのコンプレックスの原因となるものを取り除くことができるのなら、ぜひそうしたいと望むことでしょう。人にはそれぞれ個性があり、それを良いものと受け入れることができるか、悩みの種になるほど嫌うかは個人により異なります。特に顔にあるほくろはその人の印象に大きく影響する場合があります。目の下や口元のほくろをチャームポイントとみて、似顔絵などで強調されることもあります。しかし鼻の周辺にできたものや、大きすぎるものの場合、それがコンプレックスとなりほくろ除去に関心を抱くかもしれません。ほくろ除去を試みるにあたり、どのような情報を得ておくべきでしょうか。まず、ほくろだと認識していた物が別物である場合があります。大人になって急に大きなほくろができた、ほくろが盛り上がっていて真っ黒だ、などちょっと普通のものと違う、と感じたら医師による診察が勧められています。ほくろと似ていて、多くの人が勘違いしてしまう病気でメラノーマという癌があります。もしメラノーマであった場合、早期発見が生存率に大きく影響を与えます。ですから、気になるほくろの場合、顔だけでなく体のどこであったとしても無視しないことが大切です。では、間違いなくほくろであり、それを除去すると決めた場合、どのような方法があるのでしょうか。インターネットで検索してみると、ほくろ除去クリーム、またほくろ除去のできるもぐさというものが出てきます。自分でほくろ除去ができるならぜひそうしたいと願う方が多いでしょう。ですが、決して簡単に考えてはいけません。クリームそのものが高価な物もありますし、すべての人が成功しているわけではありません。傷が残ったりやけど跡になったりしている方もおられます。よく検討し、実践する場合も慎重であるべきです。では、皮膚科や美容外科で施術をする場合、どのような方法があるのでしょうか。一般的によく知られているのはレーザーによる施術です。安全性が高く皮膚に与える刺激も少なく、施術後の仕上がりもきれいということから、多くの医療機関で用いられています。直径6ミリ以下の比較的小さいほくろに使用されるのが、くりぬき法です。ほくろそのものをくりぬいて除去していく方法なので、再びほくろが出現することはありません。6ミリよりも大きいほくろの場合は、くりぬき法ではなく切除縫合法を使用します。この方法は、ほくろを周辺の皮膚ごと切除した後、真皮を縫い合わせていきます。医師の腕によっては、傷跡もなく綺麗に仕上がることもあります。費用は各クリニックにより異なりますが、安いからといってダメとか、高いから大丈夫とか、そういうものではないようです。医師の腕、知識、設備に大きくかかっているようですから、実際にいくつかのクリニックを受診してみたり、インターネットなどで評判を確認したりしてリサーチすることは必須でしょう。ほくろで悩んでいる人はとても多いです。しかし、実際に除去したほうがいいほどの目立つほくろというのはそれほど多くはないでしょう。自分で感じているよりも、周囲は気にしていないかもしれません。ですから、ほくろ除去に踏み出す前に、信頼できる家族や友人に除去しようか検討中であると一言相談してみるのも良いでしょう。