見た目の印象をガラリと変えたいなら|ほくろ除去施術を受けよう

  1. ホーム
  2. コンプレックスを取り除く

コンプレックスを取り除く

カウンセリング

初心者でも怖くない治療法

幼少の頃から自分の顔や体にあるほくろがコンプレックスだったという方は多く存在します。周囲の人に悩みを打ち明けて、ほくろのある方が魅力的だと慰められたとしても、結局は自分自身が気に入っていないと憂鬱な気分が晴れることはありません。シミのように濃いコンシーラーなどのメイクで薄くしたり、目立たなくさせることが難しく、簡単に誤魔化すことが出来ないコンプレックスであるところも厄介な点です。一見シミと似ているようで全く違うものであり、どちらも紫外線の影響を受けて出来るものですが、メラニン色素を持つ細胞が増殖して肌表面に出来るのがほくろ、メラニン色素が沈着して起こる症状がシミです。つまり美白成分を配合した化粧品や美白効果の期待出来る飲み薬などを使用しても、ほくろが改善されることはありません。いわゆる民間療法でほくろを取り除く方法などもたくさん出回っています。お灸を用いた温熱療法、天然ハーブや漢方を使った除去クリーム、その他にも様々あるようです。しかし、これらの方法を試して失敗しても当然自己責任となってしまう上に、1つやり方を間違えば大きな傷跡が残ってしまうかもしれない恐れもあります。確実に効果が出る保証もありません。美容整形クリニックでの治療なら、安全にほくろを除去することが出来ます。中でも炭酸ガスレーザーを使った治療は特に人気が高く、出血・痛みが少ないことや傷の治りが早いことなどが人気の理由として挙げられます。治療後の洗顔・メイクも当日から可能であるほど手軽に行うことが出来ます。ほくろのサイズや根の深さによって変わってくるものの、ほとんどの場合1〜2回で治療が完了します。サイズが大きいとその分、治療に痛みが伴うのではないかと不安な方もいるかもしれませんが、心配することはありません。その場合、局地麻酔を使用すれば痛みを最小限に抑えることが出来ます。色素細胞を破壊することで除去するレーザー治療もあります。こちらは傷跡が残りにくいといった特徴があります。黒い色をした組織にだけ反応するため、回りの細胞を傷つけません。レーザー治療で除去出来ない場合はメスを使った手術も可能です。治療したい部位が血流の良い顔などであれば傷の治りも早く、大抵は一度の手術で治療が完了します。メスを使った治療のメリットは再発することがない点です。その他にも高周波を使ってレーザーよりも短い時間で、より負担の少ない治療を可能にした電気分解法もあります。ほくろ除去は決して難しい施術ではありません。日に日に増すコンプレックスに苦しんでいる人は、まずは美容整形クリニックに相談をしてみてはいかがでしょうか。多くの美容整形クリニックは無料でカウンセリングを行っています。じっくりと医師と相談し、自分に合う治療コースを選ぶことが出来ます。料金も治療したい部分のサイズはもちろん、クリニックによって変わるものですが、その他の美容整形と比べて比較的低価格で治療を受けることが出来ます。皮膚の再生能力が高い若い内に取り除くほうが良いという意見もあります。また、除去治療を行うなら紫外線の影響を受けやすい夏場を避けて秋から春にかけての治療がおすすめです。