見た目の印象をガラリと変えたいなら|ほくろ除去施術を受けよう

  1. ホーム
  2. ダウンタイムが少ない方法

ダウンタイムが少ない方法

鏡を見る人

仕上がりが美しいのが特徴

顔や体に目立つほくろがあると、容貌に悪影響が出てしまうので、コンプレックスを感じている人がほとんどです。現代は男性も美意識の高い人が増えており、美容外科のクリニックでほくろ除去の施術を希望している人が数多く存在しています。なるべく傷跡を残さず、体に負担の少ない施術を受けたい人は、炭酸ガスレーザーやダイオードレーザーによるほくろ除去がお勧めです。ほくろには良性と悪性の2種類がありますが、悪性の可能性がある場合はレーザー治療は受けられません。直径が5?以下の小さめのほくろの場合は、気になる部分にレーザーを照射することで、目立たなくする効果があります。電気メスで切除をする方法に比べると、傷跡も残りにくく、きれいな仕上がりが特徴です。レーザーによる治療は、ダウンタイムが少ないなどのメリットがあります。施術を受けた当日から、入浴は洗顔は可能になっています。施術を受けた直後は皮膚に赤みが見られる場合がありますが、一週間から、10日ぐらいを経過すると目立たなくなります。レーザーを照射した後は、お肌がデリケートになっているため、肌色の絆創膏を貼っておく必要があります。悪性の場合や、直径が大きめだったり、盛り上がった形状の場合は、レーザーだけでは十分な効果が出にくい場合があります。サイズが大きい場合は、電気メスによる切除を医師に勧められることが多いです。一人一人の皮膚の形状によって、最適な治療法が違ってくるので、医師のアドバイスを受けることが大事です。欧米諸国などでは、小さいうちから、目立つほくろを取り除くのは一般的になっています。日本でもモデルや芸能人などの著名人は、お肌がくすんでみえたり、顔の部位によっては、容貌に影響が出てしまうため、美容外科のクリニックに通院をして、除去をする人が増えています。信頼できる美容外科のクリニックでは、無料でカウンセリングが受けられるので、まずは電話などで予約をして下さい。美容外科のクリニックでは、丁寧な診察が受けられますし、費用についてもきちんと説明を行っています。現代はレーザーによる治療の場合は、保険適用外になっています。電気メスによる切除の場合は、保険適用が受けられる可能性があるので、医師に相談してみると良いでしょう。パーティードレスや水着、ミニスカートなどの露出の高いファッションを楽しみたい人は、体の部位に目立つほくろがあると、気になってしまう人がほとんどです。美容外科のクリニックでは、顔はもちろん、ボディーの目立つほくろの除去も行っています。若い年代の人から、中高年以降の人まで、幅広い年代の人が通院をしています。完全個室で診察が受けられるので、プライバシーは厳守してもらえます。地元で評判の高い美容外科を選ぶと、費用もわかりやすく明瞭になっています。これから婚活を始めたい人や、就職や転職を検討している人は、相手に好印象を持ってもらうために、ほくろ除去をしたい人が多いです。現代は医療技術が向上しているため、施術後の仕上がりが美しいですし、再発を防ぐ効果があります。まずは気軽に足を運んでみると良いでしょう。